30坪の北側道路敷地の間取り編5(2階リビング・2階水回り・垂直駐車場)

南側パース

はじめに

ReAfPieの住んでいるエリアでは30坪の敷地に30坪の家を建てるケースが多いです。理由としては、サラリーマンが購入する家の予算の限界だからです。

30坪の敷地の場合、間口が狭いケースが多いため。1階部分に日射を確保することが難しいです。そのためReAfPieとしては、2階リビングを推奨していますが、人によってこだわりあるので、1階リビングにする方も多いです。

また、間口が狭い場合、駐車場の配置も大きく影響します。

今回は、(間口6.75×奥行き14.8m=100㎡)の北側道路の土地(建ぺい率50%、容積率100%)を使って以下の配置による違いがどのようになるかを見てみたいと思います。

敷地概要

比較のため同じ敷地を使用します。

  • 道路:北側道路
  • 敷地形状:長方形(間口6.79m 奥行14.83m)
  • 敷地面積:100.73㎡(30.47坪)

ケース5 建物概要 (2階リビング、2階水回り)

今回は、前回までの1階リビングとは違い、2階リビング、2階水回りのプランを考えたいと思います。

  • 1階床面積:51.34㎡
  • 2階床面積:49.17㎡
  • 床面積合計:100.51㎡ (30.4坪)
  • LDK面積:32.07㎡(9.7坪) 寝室・子供室面積:33.06㎡(10.0坪)
  • 収納割合:7.72%

配置

 

前回②北側道路のため、南側に空間を確保したいと思いますが大型車が駐車できるように、道路と垂直の駐車場考えてみました。

垂直駐車場にしたため、平行駐車プランと比較して3m弱の空間しか南側に確保できませんでした。

そのため、南側隣地に家が建設されるとこの空間では冬の日照確保は厳しいでしょうね。

※冬至の場合太陽高度30度で、隣地の高さ5mとすると当方側高さ1.5mの地点で日射を得るためには最低で隣地建物から約6m距離が必要となります。

太陽高度55度(春分の日)だと1.8mとなりますので春〜秋の間は日照が確保できます。

1階プラン

エントランス、エントランスホールは、十分に確保できたのですが、シューズクロークは十分に確保できませんでした。

居室は、子供室5.5畳×2、寝室9畳+2畳のWICですのでまずまずかなって思います。

2階プラン

2階リビングとして南側のバルコニーに面してリビング・ダイニングを配置しています。

また、ワークスペースを北側に配置していますので書斎や家事室等に利用可能です。

水回りは階段近くに配置しており、2階バルコニーで洗濯物を干すと洗濯動線は良いかと思います。

屋根の形状を片流れとし、リビング上部を勾配天井(吹抜)にしていますので天井が高く開放感のあるリビングになっています。また、南側の窓をハイサイド窓としていますので、日射はとてもあると思います。

 

 

まとめ

2階リビング・2階水回り・平行駐車場についてまとめてみたいと思います。

<良い点>

  • 洗濯動線がスムーズ
  • 寝室が広くできる
  • リビング・ダイニングの日当たりが良い
  • リビング・ダイニングの天井が高くなり、開放的な空間となる。
  • 大型の車が駐車できる

<悪い点>

  • 子供室の日射確保が難しい
  • 来客(宅配便)等の対応が難しい

<総論>

2階リビング・ダイニングにすると日射の確保及び勾配天井による空間の確保が可能になります。

また、洗濯⇒洗濯物干しがスムーズに完結します。

宅配便等の来客者の対応に階段の上り下りが発生することがネックですね。

ReAfPieとしては、2階リビングはデメリットよりもメリットの方がとても大きいと思いますがどうでしょうか。都心のような狭い間口の場合は有効だと思います。

お問い合わせ

注文住宅(建築条件付き含む)をご検討されている方は何でもご相談ください。ReAfPieはみなさまが心配していることを少しでも手伝うことができればと考えています。

  • 下記コンタクトフォームにご入力ください。
  • メールアドレスの誤りにお気をつけください。

     

    その他の間取り(プラン)