自宅で有線LAN、無線LAN、ブルートゥース、電話回線へ接続する機器と接続・設置方法について

はじめに(家庭で使用する電波について)

家の中では①電話回線 ②TVアンテナ ③有線LAN ④無線LAN ⑤ブルートゥースオーディオ機器など様々な回線を利用しています。また、最近は、インターネット電話やインターネットテレビもあり、どの設備(機械)にどのような配線が必要なのかが、非常に分かりにくいです。そのため、今回ReAfPieは、いろいろな電波の配線ルートについて話をしたいと思います。

電波(回線)の種類・用途

そもそも家の中で利用する電波はどのようなものがあるでしょうか。まとめてみたいと思います。

  • TV電波①:アンテナから受信する電波
  • TV電波②:インターネット回線(フレッツテレビ等)から受信し、TV電波に変換するもの。
  • 光回線:電波というよりデジタル信号ですね。
  • 有線LAN:光回線で来た外部からの信号をONU兼ルーターで受けて、ローカル(家)に有線で接続できるように配線したものです。
  • 無線LAN:光回線で来た外部からの信号をONU兼ルーターで受けて、ローカル(家)に無線で接続できるようにしたものです。
  • 電話①:インターネット回線(ひかり電話等)から受信し、音声に変換するもの。
  • 電話②:電話①で受信した音声を無線で子機に送信する電波
  • ブルートゥース:携帯電話、パソコンなどからオーディオ機器(スピーカー)に無線で接続するものです。

上記を見て分かるように同じTV電波でもアンテナから受信する場合もありますし、ルーターから受信する場合もあります。また、電話も電話線から引き込む場合もありますし、光ケーブル経由で利用する場合(最近はほとんどだと思います)もあります。また、プリンターもWi-Fi接続が多いですし、ブルートゥースも普段携帯電話では使用しているが、家作りの際に関係あるの?って感じだと思います。しかし、スピーカーなどのオーディオ機器もブルートゥースにより無線での接続が可能となっています。

それに加えて、NAS(ネットワークによるハードディスクの接続(ホームサーバー))もございます。

というように、家の中は電波(配線)がいっぱいです。また、ほとんどの使用する機器には「電源(コンセント)」が必要です。そのため、コンセント計画と一緒に行う必要があります。

※ちなみに、建設業界では通常それらの電波のことを総称して「弱電」といいます。

ReAfPieも10年前に自宅を建てた際には、それほど弱電に対しての知識がなく中途半端な弱電配線計画でしたが、同じような過ちをしないように今回話をしたいと思います。

ReAfPieにおける各種回線網の構築

家を建てる際は、全て一元的(一緒に)に考えますが、供給会社は別々であったり、工事業者も別々であるため、普通の人が一元的に理解することは非常に難しいです。また、組み合わせも非常に多岐に渡り「正解(標準)」がないです。

そのため、今回は、ReAfPieの独自の考えでまとめてみたいと思います。みなさまはReAfPieの構築する配線網を参考にして、ご自分の家及び設置する機器に合わせて調整いただければと考えます。

有線LAN及び無線LAN回線構築のポイント

ONU兼ルーター(光回線への入口の機械)、電話親機は近くにある必要があるため、電話親機の設置場所によりますが、電話親機(FAX)を使用せずに「コードレス親機及び子機」だけであれば、クローゼット等に設置が可能(充電をどこでするか考える必要あり)となります。HDD(NAS)はLAN配線あればどこでも良いですが、ONUの近くまたはWi-Fiルーターの横で良いかと思います。

Wi-Fiルーター及は、家の中心で高い場所が望ましいので、ONU等と違う場所に設置する必要があるかもしれません。ReAfPieはONUを2階の中心に置いているため、同じ場所に設置して問題はありませんでした。

ブルートゥーススピーカーであっても電源(コンセント)は必要ですので、コンセントの準備が必要となります。※電池式は除く

Wi-Fiルーターが一台で難しい場合は、Wi-Fiルーターの付いたマルチメディアコンセントを使用しても良いと思います。※意外と2台目の設置場所に苦労するためです。

Abaniact(アバニアクト) Wi-Fi アクセスポイント付情報コンセント (2口コンセント・LAN・TEL・TV付)

左記はWi-Fi付マルチメディアコンセントです。10,000円程度で購入できます。

マルチメディアコンセント(Wi-Fiなし)は、各部屋1箇所、TVボードに1箇所(コンセントは大目に)必要です。

プリンターは、電源さえあれば、どこでも良いですが付属品(紙・予備インク等)もあるため、かなりの場所が必要となりますので、専用のスペースを予め計画する必要あります。

brother プリンター A4 インクジェット複合機 MFC-J997DN FAX/子機1台付き/両面印刷/有線・無線LAN/ADF

 

※左図のようなブラザーの様な電話+FAX+コピ-+プリンターの複合機(ブラザーが得意な商品)も検討したのですが、物理的にうまく収める自信がなかったので断念しました。最初から計画すれば良いのではないかと思いますが、一つの機能が壊れると全交換となります。

 

以上をまとめると以下の図となります。いろいろとネットで検索したのですが、本図のように様々な機器についても記載されている図は見つかりませんでした。ぜひご利用ください。

お問い合わせ

注文住宅(建築条件付き含む)をご検討されている方は何でもご相談ください。ReAfPieはみなさまが心配していることを少しでも手伝うことができればと考えています。

  • 下記コンタクトフォームにご入力ください。
  • メールアドレスの誤りにお気をつけください。





 

LEAVE A REPLY

*