ネットワーク接続HDD(NAS)って便利ですよ!

はじめに(NASってご存知ですか?)

NASってご存知ですか?ReAfPieも1か月ほど前に始めて知って、それから勉強しましたので、その内容をブログに書きます。

本サイトは、家づくりを中心にしたサイトですので、インターネット関係は別のサイトの方が圧倒的に詳しいのですが、現代の家づくりにおいてインターネット環境は切ることができない要件の一つです。しかし、ハウスメーカーの営業マンや、工務店・設計事務所においても詳しい人は少ないのではないでしょうか。ReAfPieが数年前に建てたときは誰も知識が高くなくかなり苦労しました。

インターネット環境の配線・設置場所については、別途書きますが、今回はNAS(LAN接続HDD)についてです。NASは、信じられないくらい便利(すごい)のですが、設定は簡単で費用もあまりかかりません。それでは説明したいと思います。

NAS(ネットワーク接続HDD)とはネットワーク(LAN)に接続したハードディクスのことです

NASとはNetwork-Attached Storage のことです。簡単に言うとネットワークに接続したハードディスク(記憶媒体 HDD)のことです。

利用方法としては、GoogleDrive(グーグル提供サービス) One drive(マイクロソフト提供サービス) iCloud(アップル社提供サービス)と同じようにクラウド環境で利用方法ができることです。具体的には、ネットワーク(インターネット)に接続可能な機器(PC、スマートフォン、タブレット等)から、ファイルサーバーとして、どこからでも(インターネットがつながっていれば)利用(アクセス可能)することができるものです。

例えば、姉がPCで作成してNASに保存したパワーポイントのプレゼン資料が、妹のスマホやタブレットで見ることができるものです。もし、妹がそのプレゼン資料を修正し、修正したファイルをNASに保存すれば、姉は姉のPCでその修正後のプレゼン資料を見ることができるものです。

会社勤めの方で考えると会社のサーバー(ここでは自宅のNAS)に外からパスワード等を知っている人はアクセスできるということです。

ここまで話をすると詳しい方は、そんなの前述したGoogleDriveでもできるじゃないか。と言われると思います。その通りです。GoogleDriveはしかもフォルダ毎に閲覧者・管理者等を設定することができるすばらしいシステムです。しかし、そのようなGoogleDriveにも弱点があります。それは、無料の最大容量が15GB(1TBまでは1300円/月)だということです。といいながら、NASを構築する場合は以下の費用が掛かります①Wifiルーター(NAS用)値段は通常のルーターとあまり変わりません。ReAfPieは12,000円のNEC製を使用しています。それとHDDディスク2TBで約20,000円弱です。TB以上利用するのであれば、1年程度で元が取れますが、1TB以内であれば、2年程度必要です。リスクとしては、NASはHDDですのでいつかは必ず壊れることです。GoogleDriveは他社なので心配。などがありますが、今の時代Google社を信頼しない人は少ないと思います。

ReAfPieとしては、NASの導入について検討しましたが、結論から言って、まだ、自宅の3台のPC及びスマホについては、各人がUSBメモリーやDVD及び各種クラウドサービスでバックアップしているので、当面NASは見送りとしました。しかし、Wifiルーターを交換する必要(従来のものは8年前購入)があったので、それはNAS対応用にしました。

しかし、NAS導入は見送ったのですが、DVDレコーダーが壊れたのでPanasonic社のDIGAを購入したところ「DIGAはファイル共有が可能(NASと同様に利用可能)」でした。ということで、ReAfPieの家ではDIGAをNASとして使用できるようにしました。しかし、ここでReAfPieはミスをしてしまいました。当初DIGAが本当にNASとして利用できるか半信半疑だったので「節約して」DIGAのHDD容量を1TBとしてしまいましたことです。しかし、DIGAで2TBとHDD容量を1TB増やすと10,000円程度高くなるので、それであれば、NAS専用のHDDを構築した方が良いのではとも考えます。

まとめ(NASの導入の是非についての結論)

わかりにくい話をいろいろと書きましたが、ReAfPieの結論は以下となります。

  • 容量が1TBくらいで良いのであれば、費用としては、若干高くなるがgoogleDrive等の具ラウドサービスを利用する。理由としては、信頼性と使い勝手が良いためです。
  • 1TB以上の容量が必要な人は自宅でNASを構築する。理由としては、GoogleDrive等のサービス料金が高くなるためです。
  • あまり容量が必要なくReAfPieのようにたまたまDIGAを保有している人はDIGAをNASとして活用する。

勉強した結果は当たり前の内容となりました。しかし、NASやGoogleDriveのサービスは非常に素晴らしいので、まずはバックアップ用とて利用を検討したらいかがでしょうか。

 

 

 

 

お問い合わせ

注文住宅(建築条件付き含む)をご検討されている方は何でもご相談ください。ReAfPieはみなさまが心配していることを少しでも手伝うことができればと考えています。

  • 下記コンタクトフォームにご入力ください。
  • メールアドレスの誤りにお気をつけください。




 

LEAVE A REPLY

*