注文住宅における工務店の選び方について考える

はじめに

みなさんは、注文住宅を建てる際の施工会社選びって一番重要だと感じていると思います。

なぜなら、施工会社の選定は、①デザイン(間取り)②住宅性能③工事金額④アフターサービスという非常に重要な要因に影響するからです。また、施工会社との相性(信頼関係)も重要です。

施工会社の選定方法

今回注文住宅の建築を検討されるかたは主に以下のような方法で施工会社(ハウスメーカー・工務店)を選定されると思いますが、今回は主に地場(大手でない)の工務店の選定方法について考えたいと思います。

<施工会社の一般的な選定方法>

①住宅展示場で気に入ったモデルハウスの施工会社から選定

②SUUMOなどの紹介会社(紹介サイト)からの紹介により選定

③自らネット等で検索して選定

④依頼している設計事務所の推薦により選定

⑤知人等からの紹介により選定

<選定方法の実状>

①の場合は、大手ハウスメーカーが中心で地場の工務店は少ない

※住宅展示場によりますが、1・2社程度出店している地場の大手工務店もあります。

②は、便利ですが、紹介会社が手数料(広告料)を収受するのでその分高くなっているのではいかと心配。

③ネット等の情報だけでは不足しているため不安

④設計事務所を依頼しない場合は不可能

⑤お知り合いが実際に建てた家で評判が良かったら可能

<ReAfPieがすすめる地場工務店の選定方法>

ReAfPieがここで説明するのは、③の場合の選定方法です。

すなわち、自ら自分の力(知識・経験等)で地場工務店を探す方を対象に話をしたいと思います。

地場工務店の選定にあったての不安事項

それでは、まずは、地場工務店における不安なことを整理したいと思います。

大手ハウスメーカーを選定する場合でも不安な点はありますが、地場工務店の場合は特に以下が不安ではないでしょうか。

①会社が不安;施工中及び保証期間中に倒産したら心配(倒産リスク)

②技術力(耐震性、気密性等)に不安:耐震性や気密性といった性能がどうなっているか心配

③施工能力が不安:工事監理がしっかりしているか不安。「安かろう悪かろう」になっていないか心配(施工リスク)

④工事費が不安:きちんとした見積を受領できるのか、追加工事代金が不当に高くないか心配。

⑤提案力(設計力)が不安:こちらの要望に応じた間取りを作成してくれるか心配

<不安の解消方法>

次に不安の解消方法について考えたいと思います。

①会社が不安(倒産リスク)

本当に心配ですよね。決算書を出していただくと分かるのですが、結構ハードルが高いのでReAfPieとしては以下を提案します。

  • 担当者に会社の状況を尋ねる(回答の仕方であるていど払拭されると思います)
  • 住宅完成保証制度の加入の有無の確認(仮に倒産しても一定限度額まで保証金が受けることができる)
  • 住宅瑕疵担保責任保険の加入の有無の確認(主要な部分及び雨水侵入についての10年間瑕疵担保責任の保険)
  • SUUMOカウンターに登録している工務店から選択⇒絶対ではありませんが、SUUMOも審査(決算書見ているはずです。)していると言っています。

②技術力(耐震性、断熱性、気密性等)

  • HPで確認する。
  • 標準仕様の耐震等級、気密性能(C値)・断熱性能(U・UA値)を確認(質問)する。⇒きちんとした工務店であれば、丁寧に説明してくれると思います。話をそらしたり、理由もなく「うちは大丈夫」という工務店は要注意です。
  • 長期優良住宅認定及び住宅性能表示制度のどちらかまたは両方を取得することが良いと思います。税制や金利などの特典もあります。

③施工能力が不安(施工リスク)

  • 建築実績及び取引先(●●の協力会社等)を確認(質問)する。※地場工務店の多くは大手ハウスメーカー等の協力会社(下請け)となっています。なお、下請けでなく、独自で受注できている工務店は地域に信頼されている工務店です。
  • 実際に建てた物件を見せていただく(できれば、発注者の声を聴かせていただく)⇒実際の建物を見せていただくのが一番です。また、その発注者の生の声が聴けるといいと思います。
  • 上記でも不安であれば、第三者監理を利用するのも良いと思います。※この業界の大手である「さくら事務所」では285,000円~のコースがあります。※第三者監理を入れるメリットは、①施工に自信があるかないか②より丁寧(第三者監理をいれなくても丁寧に仕事しているはずですが)に施工する。

工事費が不安

  • 請負締結する前までに最終の工事仕様及び設計図を決定(重要)する。まだ、決まっていない状況で請負契約の締結は避ける。
  • 工務店の標準仕様表を確認し、工務店の標準仕様での建設費を確認(質問)する
  • 詳細項目の記載された見積書(内訳書)を確認し、納得いくまで質問する。
  • 可能であれ3社程度の工務店に相見積を依頼する。相見積は、比較が難しいので「注文住宅の相見積(あいみつもり)をする方法」を参照してください。

⑤提案力(設計力)が不安

気に入らない箇所を説明(できれば文章で)し、早めに他の工務店に切り替える

セカンドオピニオン(間取作造さん)等に依頼する。

<参考>

北海道にある「ミヤザキホーム」という会社のHPは、依頼者の心配(不安)にかなり応えていると思います。この内容を参考にして工務店に質問するといいと思いますよ。

  • 家づくりのコンセプト(こだわり)が明確になっている。
  • 標準仕様が明確になっている。
  • 発注者の立場になっている
  • 第三者機関検査を導入している
  • 完成保証制度に加入している。
  • 長期優良住宅認定を取得する
  • アフターサービスを明確にしている
  • 施工事例をHPに記載している
  • お客様の声をHPに記載している
  • 勉強会・見学会を実施している
  • スタッフ紹介がある。

<まとめ>

いかがでしょうか。これである程度安心して工務店が選定できますでしょうか。

上記の確認(質問)を行えば、かなり安心することができると思います。

それでも心配なかたは住宅展示場で大手ハウスメーカーに依頼することをおすすめします

また、設計事務所に依頼することを考えている方は、「家の設計を設計事務所に依頼するメリット・デメリット」も参考にしてください。

<建築費のイメージ図>

一概には言えませんが、地場工務店は大手ハウスメーカーと比較して「広告宣伝費」が少なく経費構造が以下の図となりますのでかなり工事金額が低額になるのではと思います。

大手ハウスメーカー SUUNO等の紹介会社を利用 地場工務店直接
元請業者の利益
広告宣伝費 手数料
下請業者※の利益 工務店の利益 工務店の利益
原価 原価 原価

※下請業者≒工務店

お問い合わせ

注文住宅(建築条件付き含む)をご検討されている方は何でもご相談ください。ReAfPieはみなさまが心配していることを少しでも手伝うことができればと考えています。

  • 下記コンタクトフォームにご入力ください。
  • メールアドレスの誤りにお気をつけください。